ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< てらめぐり | main | 大殺界とか天中殺とかじゃないはずなのに >>
2012.05.10 Thursday

卵の殻

朝、玄関開けたら目の前に鳩の物と思われる小さめの白い卵の殻があったんです。
時期はずれのイースターかと一瞬考えましたよ。
割れてて中身なんてなくてカラッカラに乾いてたうえに、よく見たら羽毛が通路のあちらこちらに散らばってるっていう微妙なスプラッタ状態。
……私が寝てる間に家の前で何が起こっていたんだろう。

それはさておき、GWが終わりました。
前半は遊ぶ時間があったものの、後半は家に遊びに来てた人が風邪をひいたがために看病で終了。
そしてGWの置き土産はしぶとい風邪☆
ヤッダー、そんな気遣いしなくていいのにィんモオ゙オゥゥ!!げほごほっ、ごふっ。

下の画像はGW中に散歩に行った先の寺社と猫画像。
長いので折りたたみ。
文京区はゆるゆるしてていいなぁ。




1箇所目:谷中霊園


愛玉子を食べに行ったはずが同行者の熱い要望により直で谷中霊園へ。
猫に夢中になりすぎて結局愛玉子は食べていない。
明るく人通りも多く、観光客や地元の人がゆるゆる散歩する公園のような風情。
猫ボランティアの方々が避妊と餌やりをこまめにしているそうで、とにかく猫が多い。
行った時もちょうどボランティアの方がいらっしゃるタイミングで、猫が集合してるとこでした。
尚、猫と仲良くなれる薬(粉末マタタビ)を持っていくとアイドルになれる。



こちらは徳川家康公のお墓。


向かって左が家康公で、右側がご正室のもの。
徳川家康の研究家の方曰く「今日は年に1回あるかないかの見頃な日。散った桜の花びらで絨毯ができているでしょう」との事。
仰るとおり降り積もる桜の花びらがとても綺麗な所でした。




2箇所目:護国山尊重院天王寺

谷中霊園内にあるお寺の一つ。
お寺の中に大きめの釈迦坐像があって見応えあり。
お寺から少し離れた所にかつて五重塔があったらしいのですが谷中五重塔放火心中事件により消失していて、基礎しか残ってなかった……。



本堂の軒の深さが良い感じ。
木の縁側っていいですね。
山号は護国山。宗派は天台宗。




3箇所目:延命地蔵尊


谷中よみせ通りの中に並ぶ小さなお堂。
小さいながらもとても手入れされていて、行った時もお子さんを抱きかかえたお母さんやご高齢の方々が立ち寄っていたので、地域に親しまれているのを感じる様子でした。
このお地蔵様は善男善女の全ての願いをお聞きくださり、災厄を払い除け、旅の安全、長寿などなど様々なご利益があるのだとか。
残念ながら善男善女じゃないので私はご利益に授かれないね!HAHA!
山号は玉井山。宗派は黄蘗宗。
黄蘗宗(おうばくしゅう)…、実家と同じ禅宗の一派だったのに全然知らない宗派でした。恥ずかしいorz




4箇所目:経王寺


残念ながら行った日は山門が閉じていて中に入れず。
けれど山門だけでも見応えあります。
なぜなら上野戦争で彰義隊をかくまったとして明治政府軍の銃撃を受けた跡があるから!
とりあえず皆さん触るのか、銃痕のあたりがすり減ってました。ですよねー。触っちゃいますよねー。
山号は大黒天。宗派は日蓮宗。


おまけ。

夕焼けだんだんの猫。
この日はこの子だけ。
計画去勢が成功しているのと、ご近所の方が猫を嫌ってるのとで近頃は夕焼けだんだんに住む猫が減ってきてるんだとか。
生きてるからね、やっぱりフンしちゃうからね…。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album